BLOG

gitメモ②

完全に個人用思い出しメモなのであしからずm(_ _)m

ファイルの移動を記録する

git mv 旧ファイル 新ファイル

これは以下のコマンドと同じ

mv 旧ファイル 新ファイル
git rm 旧ファイル
git add 新ファイル

コマンドにエイリアスをつける

git config --global alias.ci commit
git config --global alias.st status
git config --global alias.br branch
git config --global alias.co checkout

空ファイルを作る

touch ファイル名

ファイルへの変更を取り消す

git checkout -- ファイル名
git checkout -- ディレクトリ名

全変更を取り消す

git checkout --.

— をつけているのはブランチ名とファイル名がかぶったときに、どちらを指しているのかGitが分からなくなるのを避けるため。

このとき、裏側ではステージに「git checkout –ファイル名」で指定されたファイルを取得し、ワークツリーに反映させるということをしている。

ステージに追加した変更を取り消す

git reset HEAD ファイル名
git reset HEAD ディレクトリ名

全変更を取り消す

git reset HEAD .

指定した変更をステージから取り消すだけなので、ワークツリーのファイルには影響を与えない。

直前のコミットをやり直す

git commit --amend

リモートリポジトリにPushしたコミットはやり直したらダメ。

リモートを表示する

git remote
git remote -v

対応するURLを表示

設定しているリモートリポジトリの情報を表示する。

リモートリポジトリは複数登録できる

リモートから情報を取得する(フェッチ)

git fetch リモート名
git fetch origin 

リモートから情報を取得してマージする(プル)

git pull リモート ブランチ名
git pull origin master

上記コマンドは省略可能

git pull

↑は↓と同じこと

git fetch origin master
git merge origin/master

リモートの詳細情報を表示する

git remote show リモート名
git remote show origin

git remote コマンドより詳しい情報を表示する。

リモートを変更・削除する

変更する場合

git remote rename 旧リモート名 新リモート名
git remote rename tutorial new_tutorial

削除する場合

git remote rm リモート名
git remote rm new_tutorial

ファイルの中身を表示する

cat ファイル名