BLOG

gitメモ

gitのコマンド復習用メモ

※随時更新予定

状況確認

git status
変更確認

git diff
gitで追跡対象にする
※この時点ではまだトラッキングされていない

git add ファイル名
gitにファイルの変更履歴を保存する

git commit

git status

git add

git commit※vim画面でメッセージ追加

の流れ

今いるディレクトリ表示

pwd
隠しフォルダ表示

ls -a
もしくは
ls -la
か
ls -al
戻る

cd ../

SSHを使ったGithubとの連携

予めプロジェクトをgithub上、ローカルで作っておく

Homeディレクトリにて

cd ~/.ssh
ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "登録してるメールアドレス"
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/Users/hayatomoromasa/.ssh/id_rsa): ファイル名指定する

pathphrase求められるので一旦エンター

※pathphraseを設定した場合でもこの先要所要所で聞かれるだけで流れはほぼ同じ


pathphraseの入力を省略するなら下記を参考

パスフレーズの入力を省略する方法
%vim ~/.ssh/config

Host github.com
  HostName github.com
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa_github
  User git
  AddKeysToAgent yes # add
  UseKeychain yes # add

# ssh-agentを起動
% eval "$(ssh-agent -s)"
Agent pid 26771

# ssh-agentにSSHキーを追加して、キーチェーンにパスフレーズを保存(Mac限定)
% ssh-add -K ~/.ssh/id_rsa_github
Enter passphrase for /Users/ss/.ssh/id_rsa_github: test
Identity added: /Users/ss/.ssh/id_rsa_github (your_email@example.com)

% ssh -T github
# => Hi shunwitter! You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.
# パスフレーズの入力が不要になった。

# ssh-agentを終了させる
# キーチェーンにパスフレーズが登録してあるので、次回からも入力不要。
% ssh-agent -k

もっかいエンター
lsで確認すると
指定したファイル名
指定したファイル名.pub
の2つのファイル名ができる
これを
vim ~/.ssh/指定したファイル名.pub
で開く
でてきたコードをコピペ※閉じるときは:qで保存せずに閉じる

githubのアカウントページに移動し、SettingsのSSH and GPG keysからNew SSH keyでコピペしたコードをタイトルと一緒に登録する
接続のテスト

ssh -T git@github.com -i ~/.ssh/指定したファイル名※.pubのほうじゃないよ
Hi HayatoMoromasa! You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.

という風に出る
vim ~/.ssh/config

aでINSERTモードになるので

Host github.com
        HostName github.com
        IdentityFile ~/.ssh/指定したファイル名
        User git
        

escで:wqで保存

接続のテスト

ssh -T github
Hi HayatoMoromasa! You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access

さっきと同じメッセージ出る
ローカルのプロジェクトに移動

cd プロジェクト名
commitログを表示

git log

これをgiihubに反映させる

github上のプロジェクトにある下記のようなSSHアドレスをコピー

git@github.com:プロジェクト名

git remote add origin コピペしたアドレス

何も出なければ成功

確認

git remote
origin

と出れば登録されており

git pushはローカルのコミットをgithubに反映するコマンド

git push -u origin master

github上でコミットが確認できたら成功

vimコマンド

vimでファイル開く

vim ファイル名

aでINSERTモード
※入力できるようになる

-- INSERT --

escキー押すとINSERT が消え、:wqで保存される